きらきらの中に

日記とか考えていることとか

眠る前の考え事

誰もが目をそらすようなこと、

例えば道の上で動かなくなった猫とか。

昨日そういえば、お兄さんと二人でいる時に見かけたのだけれど、

二人して、斜め前の学習塾の看板を必死に見つめて、目をそらしたりしていた。

信号待ちの間、ずっと見ていたのに、塾の名前すら覚えてない。

意識は、そちらに行っていたんだろうな。

同じトンネルを、2度も潜ってしまうミスとか。

静かだったから、それらを考えていた。

今、私の目の前、甘夏がころんと転がっている。