きらきらの中に

日記とか考えていることとか

ラーメンの話

スタジオ、練習終わり。

一時間近く立ち話。

その間に、お兄さんは、丁寧にギターを磨いて、ハードケースにしまった。

スタジオ番のお兄さんとも、少し話した。

いつも気さくで、本当に優しい。

それからしばらく、お兄さんと二人で、これからのことを話していた。

そして、ご飯。

人とご飯を食べる貴重な時間。

週に一回、あるか、ないか。

何を食べようかと話す。

焼肉、ハンバーグ、重たい。

お寿司にしては、時間が遅くなってしまっていた。

やっぱり、今日もラーメン。

始めていくところ、前回は閉まっていた、駅前のお店へ行ってみた。

高校生の頃、よく歩いていた場所なのに、お店の存在を知らなかった。

表通りにある、チェーン店には、少し記憶があったけれど。

少し歩くけれど、二人で歩いていった。

お店に入ると、すごく人が多く、二人で並んで座れるか不安なくらいだった。

そして、むせ返るような豚骨の出汁のようなにおい。

食べた結果は、今まであちこちラーメンに行った中で、まぁ、酷かった。

しかも、厨房が目の前なので、

味の感想がお互い伝えずらい。

途中で、お兄さんが、大分ぼかして伝えてきたのに、必死に頷く。

帰り道、美味しいラーメン屋さんの話をしながら帰る。


今度はまた美味しいとこに行こうと約束して帰った。


家に帰って、林檎を一つ切り分けて食べました。