読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらの中に

日記とか考えていることとか

慈しむ

すっかり昼と夜が溶けてきた。

ねぇ、素足で駆けていたあの頃は、

もう少し壊れていた気がする。


お兄さんに言われたこと、

騙されたと思って信じてみている。

生きていくことに、必死。


携帯代の支払い、ことごとく忘れているけど、

美容室の予約は忘れなかったりする。


ご飯をしばらくほっといて、

ギター掻き鳴らしたり。


私の日常は、他人から見たら、

眉をひそめられてしまうけれど、

私はこれを愛おしいと思うよ。


思い出した時、微笑めるものになっている気がする。


両足首にできた痣、寝ている時、自分の足の爪で抉っていたのが原因だった。

今辛いのも、

もしかして自分のせい。


レキソタンハルシオンもない世界で、

不安も不眠もない部屋で。


また会えるならその時は、

あなたがあなたでなくても、

私はきっと、傷ついたりせずにいられる。


もういらない、もういらない。

だから、幸せになって下さい。


私は、幸せになったあなたが、

後悔するくらいに、大きな場所に立ちたい。

そして、

いっぱい傷つきたい。


綺麗なまま自殺するより、

傷つきながら生きながらえなければ。