読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらの中に

日記とか考えていることとか

白の靄

一目みれば、泣いてしまうような桜だった。

手に持っていたパンも、隣にいる友人も、

全てが一瞬で桜に奪われ、遠くに連れていかれる。

ポケット中の携帯には、先輩からのメッセージが届いていた。

あの景色の中で、私はどれだけのものを掴み、それ以外を取りこぼしたのかわからない。

ピアスは7個に増えて、いよいよといった感じだった。

f:id:kirakirawomiru:20170410032817j:plain