読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらの中に

日記とか考えていることとか

黄色の街

朝日が登る前の薄明かりの中、

長い長い廃墟の階段を上がった。

所々錆びている手すりが手ひらに小さな傷をつけていく。

携帯がなっていた。

この世の終わりみたいなけたたましい音量で鳴らす、ニルヴァーナの着信音。

私はそれを無視して、

ひたすらに階段を登った。

登りきった頃、朝日が街を照らしていた。

多分全てが終わっていた。

私は何だか凄く穏やかな気持ちで眼下に広がる景色を見た。

朝焼けが強くて、全てがほのかな黄色に染まっていた。

風がちょうど良い温度で私を包み。

全てを諦めきった私は、

そこからふわりと足を滑らせる。