読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらの中に

日記とか考えていることとか

緩やかな

「もうすぐ今年が終わるね」と、

ギターを丁寧に柔らかい布で磨きながら、

お兄さんは言った。

12月19日の、午後10時のこと。

私は寒くて、セーターにコートを着ていたのだけれど、

薄い長袖一枚のお兄さんは、季節外れにも、

暑いなぁと呟いた。


私の部屋に、ずっと暖房器具がなくて、

最近やっと買った話をした。

「相当嫌われとったんやね、」と言われて、

何かを突きつけられた気がして、

逃げ場を失った。

返す言葉が見つからないので笑った、

なにかに気づいたように、

お兄さんは練習曲の話題に変えた。


ドラムのお兄さんとのスタジオを、

見学させてもらった。

オリジナルの曲を一緒に煮詰めてもらったりして、

どんどんかっこよくなっていく過程は、

ちょっと魔法みたいだった。


帰り際、明日バイトが早いから、

今日ご飯行けないと、謝られた。

そんな約束していなかったし、

謝られるなんて思ってもなくて驚いた。

でも、ご飯行きたかったなぁと、

少しだけ残念に思った。


教えてもらったフレーズ繰り返しながら、

適当なお菓子を食べた。

甘いものばかり食べてしまう。