きらきらの中に

日記とか考えていることとか

夏の願い事を供養する

この夏にしたいと願って、

でも実現する事はなさそうなことを、

七月の最後の日に、書き出すことで、

これを供養としようかなと思う。


①友だちと、花火をしたい。

一つ目のこの願いは、半分かなっている。

昨日、友だちと花火をしたのだ。

でも、したかった相手が違ったので、叶っていないし、その友だちは忙しくて、私にかまっている暇はなさそうなので、ここに列挙される。

別の友だちとした花火も、割と楽しかった。

花火大会の打ち上げ花火を無視して、

自分たちで手持ちの花火をするといる経験は、なかなかしないと思う。

でも、楽しみにしていた線香花火は、

ふと、通りすがった浴衣の兄弟を見ていたら、

いつの間にか落ちていた。

先程までぱちぱちと音を立てながら私の手元で咲いていたのに。

そんなものなのかなと、少し諦めた。

願う相手と花火できないのも、似たような悲しさかもしれない。

悲しさを振り切るために、

空元気のような状態で遊具へ向かった。

夜の公園で全力でブランコを漕ぐのは、

意識まで宙に浮かんでいくようで、心地いいことを知れたのは、私にとってきっと良いことだと思う。

きぃきぃと軋むのは、ブランコの鎖か、

私の言葉か、よくわからない夜だった。


f:id:kirakirawomiru:20160801032418j:plain


②好きな人と、アイスを食べたい。

好きな人と、コンビニでアイスを買って、

道すがら食べるという夢を見た。

それからずっと、夢の中の自分が羨ましい。

あまりの暑さに、アイスが溶けだして、

好きな人が焦っていたことも、ちゃんと覚えている。


いっぱいあると思っていたけれど、

言語化できそうなのは、二つくらいしかなかった。