読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらの中に

日記とか考えていることとか

知らない

幸せになってねって、また言われた。

私はそんなに幸薄い顔をしているのだろうか。

他人が願わなければならないほどに。


夜勤のおじさん、私のこと、

知ったふうに友だちに話すらしい。

友だちはついに、

「あなたは、○○(私の名前)のこと、

ほんとに全然知らないんですね」と返したそう。

私は、何も知らないみたいな顔して、

なんとなく笑顔貼り付かせてはいるけれど、

そんなことない。

普通にこの世の中で生きてきた分くらいは知っている。


いつか話してやりたい。

私がしたえげつないことも、こと細く。


私はだめな人だよ。

だめで惨めで、可哀想な人だよ。