きらきらの中に

日記とか考えていることとか

さようならと呟く君に

夢を見ました。

青っぽい世界で、私は泣いていました。

すると、ギターのお兄さんがあらわれて、

頭を撫でて、慰めてくれるのです。

私は、ああ、もう大丈夫だと思って、

目を覚ましました。


ベッドから這出ると、ごろごろと転がって、

部屋の隅まで移動しました。

くすりが完全に抜けてないみたいで、

立ち上がることができません。


わたしは床に転がったまま、

夢の中の青とよく似た色をこぼす窓を見ていました。

読みかけの本につま先がぶつかります。

四月なのに、とても寒く感じました。


携帯をたぐり寄せて、

ソラニンを再生します。

過去の自分とサヨナラする歌。

さよなら

さよなら

さよなら


私も、さよならしなくてはいけない。