読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらの中に

日記とか考えていることとか

ご飯が食べられなくなった

夜の八時、コンビニでのバイト中、

突然、フライヤーや、お弁当類を見て、

吐き気がこみ上げてきました。


お客さんがレジに持ってくるお弁当も、

自分で揚げに行くフライヤーも、

全部がなんだか気持ち悪くて仕方ないのです。


年上のお姉さんにレジを頼んで、

トイレに駆け込みました。

鏡を見ると、唇が完全に紫色。

顔は普通の白さではなく、むしろ青い。

最悪です。

足の震えが酷くてしゃがみこんでしまいます。

そのまま待つこと十五分。

なんとか立てるようになり、レジに戻りました。

合間にはひたすら、友だちに持ってきてもらった、

ポカリを飲みます。

しばらくすると、

ウォークインの補充をしていた、

おじさんが戻ってきました。

もう終わったから、後ろで休んでていいよ、

って言われて、もう仕方が無いのでそうしました。

不甲斐なくて泣きそうでした。


その日から、ご飯が食べられなくなりました。