読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらの中に

日記とか考えていることとか

一時二十二分と三時八分の間

人生で初めて、ベッドから落ちて目を覚ました。
ふわりと着地できたのは、
私より先に、布団が落ちていたから。
この、落ちていた布団が、
一体いつからそうなっていたか分からないけれど、
私の手足は、ほとんど死んでいるみたいに冷たい。
暖房器具のない私の部屋は、
息が白くなるほどに寒い。

私の頭の少し先に、携帯が落ちている。
背伸びをするみたいにして手探りで掴む。
画面には、好きな人からの、
「まだ起きてますかー?笑」
というメッセージが浮かんでいる。
この人、語尾にいつも、笑がついてる。
本人も大抵にこにこしている。
でも、二人で会ったりする時は、
結構真顔。
明るい場所が似合うのに、
暗いところが好きだと言うし。
不思議だなぁと思う。
メッセージの着信は一時二十二分。
今の時間、三時八分。
きっと寝てしまったかなと思いながら返信を打つ。

その後、きっと眠れなくなるから、
デパスハルシオン飲んでおく。
起床時間まであと二時間。
自分と布団をベッドの上に引き上げて、
丸まった。