読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらの中に

日記とか考えていることとか

行方不明の終電

先日作った歌を、友だちに聞いてもらったら、

「○○(私の名前)みたいな歌だね」って言われた。

私みたい、私みたい、よくわからなかった。

私って、いつも周りに影響されてばかりだから、

ポケモンメタモンみたいで、芯がない。


バイト先のおじさんが行方不明になった。

行方不明というより、

連絡がつかなくなってしまったらしい。

優しい雰囲気の人で、こんな私のこと、

いつもニコニコしていて可愛いと褒めてくれた人。

周りの人たちは、シフトの穴埋めばかり気にしてた。

私はなんだかシフトじゃない所に穴が開いたみたいでした。

なんで、誰もおじさんの心配してないのかな。

人って、結構簡単にいなくなってしまえる。

それはいいことか悪いことか。

とりあえずみんなは、

ずっと、シフト調整の話ばかり。

少しだけ、怖くなった。

おじさん、元気にしているといいな。


家に帰って久しぶりに自傷とかした。

どんどんつまらない人間になるな。

ぼーっとしたまま外に出る、

私は、何年か前まで大きな木があった場所に行って、

想像の木の葉が揺れる音を聞いていた。

近くの線路を、多分終電が走っていった。

そういえば最近、好きな人が終電逃したりしてたの、

思い出して笑ってみたりした。

そのうち、想像の木はなくなっていて、

何年か前に切り取られてしまった後の、

まるで空っぽな場所になっていた。

線路にはもう一度電車が走っていて、

私はなんだか家に帰った。

帰る途中で、

寂しそうな危ない感じの人に話しかけられてしまう。

「あ…あ…」って、なんか話そうとしていたけど、

「分からないよ。何も分からないからね。」

って言って私は走った。

夜、ふらふらしてて、自分と似た人に会うと、

必ず、「あなたならわかるでしょう?」とか、

そんな事言われるので、

見かけたらまずそう言って走るようにしています。

何がわかるのでしょう。

もし分かっても、なんの意味もないことに違いない。

どうせ私たちは終電より始発で、

よくわからない場所へと、

ふわふわ行かなければならないのかもしれない。

一日の始まりにいらない人たち。


電車賃を持たない私は、家に戻ります。

部屋は金木犀の香りがします。

秋の名残のようで気に入っています。

いつか、起きていることにも飽きて、

デパス二錠舌下投与して眠ります。